> 筋肉と体重の関係

筋肉と体重の関係

実際にはあまりないかもしれませんが、
同じ身長の人で、ぱっと見はほぼおなじような体格に見えるという場合でも、
鍛え上げられた筋肉質である場合と、
筋肉があまりついていなくて脂肪のほうが多い人では、体重に違いがでてきます。

筋肉と体重の関係

どちらがどうなのかといえば、筋肉質の人のほうが体重が重く、
そうでない人ののほうが体重が軽くなります。

というのも、筋肉と脂肪の重さを比べた場合、
筋肉のほうが重く、脂肪のほうが軽いからです。

そういった意味で、
指標とされることが多いのが体脂肪率です。

一般的な体脂肪計

一般的な体脂肪の測定方法には、
水中で体重を測定することで、体内密度を測定する水中体重法。
そして、身体に微量の電気を流し、電気の通りにくさ、
電気抵抗を測定することで算出するインピーダンス法などがあります。

一般に市販されている体脂肪計、体重計についている体脂肪計などは、
後者のインピーダンス法によって測定するタイプのものがほとんどです。

筋肉は電気を通しやすく、脂肪は電気を通しにくい
という性質を利用したこの測定方法。

実は水分もまた筋肉と同等に電気を通しやすい性質をもっているので、
例えば、運動や入浴後など、
たくさん汗をかいて体内の水分量が減っている状態の時に測定すると、
実際の値よりも体脂肪が多く測定されてしまったり、
水を飲んだり、食事の直後など体内の水分量が多い時には、
反対に実際よりも体脂肪が少なく測定されてしまうことがあります。

毎日同じ条件、時間帯に測定する

朝起きてすぐの状態では、体内の中心部に水分がある状態だったり、
活発に活動している時は、体の先端のほうに水分がある状態になります。

また、上記のように食事や運動の後など、さらにはトイレにいったかどうか
なども影響してくる測定方法なので、ダイエットの目安として測定する場合には、
毎日決まった時間帯の同じ条件の時に測定して、
データをとっておくのがベストであるといえます。